タグ別アーカイブ: Swift

XCode で動作環境に応じて API の URL などの設定を変更する

OSX, iOS アプリでも Rails の RAILS_ENV のように、動作環境に応じて値を変えたいという時があります。 この記事では、アプリから利用する Web API の URL を動作環境に応じて切り替えるのを例に、そのやり方を説明します。執筆時の開発環境は下記のとおりです。

  • XCode: Version 7.2
  • Swift: version 2.1.1

1. Build Configuration を作成する

PROJECT -> Info -> Configurations に、動作環境の分だけビルド設定を追加します。例えば、ローカル環境を対象としたビルド設定を追加したいときは、Debug Local と Release Local を追加します。追加するときは、それぞれ、元からある Debug と Release をコピーすると良いでしょう。

Build Configurations

2. Scheme を作成、編集する

Manage Schemes から、動作環境の分だけ Scheme を作成します。また、作成した Scheme それぞれをダブルクリックで編集し、ビルド設定を 1. で作成したものに変更します。例えば、ローカル環境用の Scheme として、AppLocal を作成したら、そのビルド設定は Debug Local および Release Local に設定しておきます。

Scheme

Manage Schemes

Build Configuration の変更

3. コンパイラの設定を変更する

Scheme の作成後は、ソース中で環境ごとに条件分岐ができるように、コンパイラの設定を変更します。PROJECT -> Build Settings 内をいじります。

Objective-C を使う場合は Apple LLVM 7.0 – Preprocessing -> Preprocessor Macros の値を変えます。各動作環境が判別できるように、適当な変数を定義すると良いです。今回の例だと、Debug Local と Release Local に LOCAL=1 を設定します。

Objective-C のコンパイラ設定の変更

Swift を使う場合は Swift Compiler – Custom Flags -> Other Swift Flags の値を変えます。 -D <flag> の形式で <flag>true にできるようなので、そのように書きます。今回の例だと -D LOCAL を追加すると良いです。また、複数の値を設定する場合は -D DEBUG -D LOCAL のように書くことができます。

Swift の方にはなぜか DEBUG の値が設定されていないため、ついでに設定しておくと良いと思います。

Swift のコンパイラ設定の変更

4. Conditional compilation statement を書く

Conditional compilation statement で条件分岐させて、開発環境ごとに異なる値を変数に入れてやります。

Objective-C の場合は以下のように書きます。

#ifdef LOCAL
  NSString * const kAPIBase = @"http://localhost.example.com/api/";
#else
  NSString * const kAPIBase = @"http://production.example.com/api/";
#endif

Swift の場合は以下のように書きます。

#if LOCAL
  let kAPIBase = "http://localhost.example.com/api/"
#else
  let kAPIBase = "http://production.example.com/api/"
#endif

参考